高血糖のようには気にされない低血糖

血糖値というのを気にし出すと、「高血糖」には注意すると思うんですけど、逆の低血糖も問題になり得ることも知っておいてください。

特に最近では、食事を何度か抜いてしまうことによる低血糖になってしまう、これが問題になってます。また、そんな状態で激しい運動をした場合には、低血糖で問題が生じることがあります。

通常、血糖値が下がりすぎると、血糖値を下げるインスリンっていうホルモンの分泌を抑えて、血糖値が過度に下がることを避けるように体が勝手に働きます。人間の体はとてもよくできています。そして不思議です。

この他、体が、いくつかの手段で血糖値が異常なくらいに低くなることを抑えるようになってるんですが、それでも血糖値が異常なくらいに低くなると、大脳のエネルギー代謝が維持できなくなります。

そして、精神障害や意識障害につながるだけでなく、それがかなり過ぎると、死に至ることまであります。ということをいうと、注意するかもしれませんが、笑いごとでも他人事ではありません。誰にだって可能性はあります。

特に、食事を抜くことなんて珍しくない人は、血糖値が下がりすぎることに注意したほうがいいかもしれません。

血糖値は体温ほどにはメジャーな数字ではありませんけど、御自身の正常範囲くらいは知ってていいと思います。気になる方は,一度,調べてみたほうがいいでしょう。