糖尿病で血糖値の管理はなぜ必要?

血糖値の管理が必要と聞いてみなさんが思い浮かぶ代表的な病気は、糖尿病だと思います。では、なぜ糖尿病では血糖値管理が必要なのでしょうか?

糖尿病には1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、遺伝子異常などによる糖尿病などがあります。全ての糖尿病に言えることですが、糖尿病は血中の糖の濃度が高くなることにより起こる病気です。

高血糖となることで、体に様々な悪影響を及ぼすことになります。血中の糖は通常、インスリンという膵臓から分泌される物質によって低下されます。しかし、このインスリンがうまく分泌されないと高血糖となってしまうのです。

また、糖尿病で一番怖いのは合併症を引き起こすということです。糖尿病による合併症で、視覚障害、神経障害など、様々なリスクを引き起こすおことがわかっています。

この合併症を防ぐためにも、血糖コントロールは非常に重要とされており、血糖値測定器の使用が有効であるとされているのです。

血糖値測定器を使えば、自宅でも簡単に自分の血糖値にどんな変移があるのかを確認できるからです。では、この結果を使い、自宅ではどのように血糖値コントロールをしていくのでしょうか?