血糖値測定器って何?

血糖値測定器は、自宅で血糖値を簡単に測ることができる優れものです。通常、血糖値は病院で採血をし、測定されます。

血糖値を測定するための採血は結構量がとられますし、病院へ通うのも大変です。何より、病院へいかなければ血糖値の上下がわからないという所が、気になるところです。

そこで、血糖値測定器の登場です。気になる血糖値をすぐに知ることができる為、自分で血糖値を管理するのに最適なのです。

では、血糖値測定器とはだいたいどんなものなのでしょうか?血糖値を測るわけですから、当然、採血をする必要があります。でも、自分で採血をするなんて、一般の人にはできません。

血糖値測定器は、自分の腕に針を刺すことによって測定できるだけの血を採取できるようになっています。

もちろん、メーカーによって測定器に違いはありますが、だいたいの手順は同じです。器具を用意して、血を採取するための場所を消毒し、針を刺して、血糖値測定器で測定し、自分で結果を記録します。この手順を踏むだけで、自分の血糖値を知ることができるのです。では、血糖値の管理はどんな場合に必要なのでしょうか?

そもそも血糖値って何?

御自身の血糖値の正常範囲をご存知ですか? おそらく、ご存じないでしょう。体温や血圧に比べて、血糖値って、マイナーな存在ですけど、血糖異常は意識障害を起こしたり、場合によっては死に至ることもありますから、重要な数字でもあります。

でも、あまり認識している方は少ないんです。

通常、人間の血糖値は、その値を下げたり上げたりするホルモンによって、非常に狭い範囲ながら、正常な範囲に保たれています。ところが、これらのホルモン異常が起こったりすると、血糖値が異常な数字になる、と。その結果、高血糖とか低血糖とかいったことになります。

高血糖は「糖尿病」っていうのが知られてると思いますが、低血糖も大きな問題なんです。何度も食事を抜いてしまうと、この低血糖になる場合があります。

「何度も食事を抜く」というと、思い当たるフシもあるかと思います。そんな場合を考えて、日頃から血糖値を知っておくことが重要かもしれません。前記の通り、体温や血圧などに比べて、自身の血糖値なんて、ほとんど知られてないでしょうから。

案外、重要な値なんです本当に。しかも、場合によっては意識障害や死に至る、なんてことを知っちゃうと、気になっちゃいますね。自身の血糖値の正常値は、知っておくべきだと思います。